ゲーム業界 デザイン

【新卒・就活】デザイナーのポートフォリオを作る時期は?いつ頃から動くべき?

ポートフォリオはいつから作り始めるべきか?
デザイナーを志し、就職活動を意識した時に必要なポートフォリオ。

今まで作った作品ファイルを並べるだけで、すぐ作れるのでは?
課題もあるし作品量を増やしたいし、それを終えてから作ろうかな。
周りもまだ作り始めてないから、まだいいや。

など、就職活動が始まってからポートフォリオを準備しよう
と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なんとなく周りに合わせて作ろう……と考えている方、
それでも構いませんが、ポートフォリオは自分の分身と言っても過言ではない存在です。

ポートフォリオを完成させるまでに、
何が必要で自分はどのくらいから作り始めるといいのか?
きちんと理解して、良いものを作って、
あなたの魅力をきちんと伝えられるようにしてほしい。
と、個人的には思っています。

それでは今回は、ポートフォリオを作る時期についてお話しようと思います。

 

結論:作るべきタイミングは人それぞれ

結論から言うと、
ポートフォリオを作り始める時期は人によって異なる。です。

理由は次の項目で説明します。

 

step
1/2
まずはゴールを設定しよう

なぜ、ポートフォリオを作り始める時期が人それぞれか?いうと、
以下の要素をどうするか、で、タイミングは変わります。

・必要なタイミングはいつか
インターン、OB訪問、就職活動開始などいつ頃に必要か

・どんな完成形(形式)を目指すか
画像を配置+簡単にテキストを添えたデータ提出か、
レイアウトにもこだわり、印刷業者に製本を任せるか、など
どういったものを作りたいか

・レイアウトのスキル次第
元々レイアウトは得意か、それとも初めての挑戦になるか

まずは自分はどういうゴールを設定するかを考えましょう。
それができたら、ゴールに向けて作業内容を逆算してみましょう。
次の項目で説明します。

 

step
2/2
制作期間を逆算しよう

以前、ポートフォリオを作るために必要な5ステップについての投稿をしました。

https://rurii-design.com/20200922-portfolio/

これをもとに説明します。
流れ・おおよその作業時間を記載していますが、
できれば、自分が想定する期間×倍かかると想定し、計算してください。

想定形式:A4、50p程度、データ提出

■ 準備編
1.作品整理(数日〜1週間)
2.テーマ設定(2,3日)
■ 設計編
3.全体構成(〜1週間)
4.作品の割り当て、ブラッシュアップ(1週間〜)
■ 制作編
4.5.(必要な人のみ)世界観をもたせたい場合はテンプレートを作成(2,3日)
5.レイアウト(〜1ヶ月)

ひとつの目安として、各フェイズがスムーズに作業完了することができれば、
ポートフォリオは大体2-3ヶ月程度で完成となります。

ちなみに、印刷&ファイリングや、印刷会社で製本したり、
ファイルのバインダーを装飾・改造する場合はさらに作業が発生します。

なぜ想定時間を倍にするのか

ポートフォリオは、作っていくうちに
「やっぱりこうしたい・ああしたい」と作業が延びたり、
課題や他の生活を送る傍らでポートフォリオを制作すると、
スケジュール通りにいかない可能性があるからです。

特に初めてのポートフォリオ制作では、
うまくいかないことがたくさんあります。
終盤にいけばいくほど、色々な繁忙期と重なり、
重要な作業が疎かになってしまいます。

なので、初めて作る時は、想定の倍の時間がかかると考えて計算しましょう。
2冊,3冊とブラッシュアップする時には
1冊目よりも時間短縮して完成させることができるでしょう。

 

ポートフォリオは早めの準備を

今回はポートフォリオ制作にあたって重要な
「ゴール設定」「制作期間の目安」についてまとめました。

就職活動に突入すると、
企業の情報収集、企業説明会、提出資料作成、追加の作品制作、
ポートフォリオのブラッシュアップなど、やることがどんどん増えます。
そして通常課題や、卒業制作なども重なってくる場合もあります。

切羽詰まって慌てて、完成度の低いポートフォリオを提出する、
希望の企業の募集が例年より早く、ポートフォリオが間に合わない…(私はこれをやりました)
など悔いが残ることのないよう、
早めの準備を心がけましょう。

もしも、まだ作品が足りない、や、まだ準備には早いのでは、
と思っていたとしても、一旦体験してみるのも良いと思います。

余裕をもったスケジュールで、ぜひ魅力的なポートフォリオを作ってください。

 

-ゲーム業界, デザイン

© 2021 mogrumi blog Powered by AFFINGER5