ゲーム業界

【新卒入社】ゲーム会社のデザイナーを目指したい美大&専門学校生へ、学科の強みを知って武器にしよう

 

ゲーム会社へ応募したいけど、こんな悩みを持つあなた。

自分はゲーム学科出身ではないし、学校での専攻分野について
会社へどうアピールしたらいいかわからない。

今回は、そんなあなたの悩み・疑問にお答えします。

 

この記事を書いてる人

rurii(るり)
美大のデザイン学科卒業後、大手ゲーム会社に新卒入社・5年勤務。
後に転職し大手ゲーム会社で2年勤務。
現在はフリーランスのデザイナーです。

この記事を読んでほしい人

就活で、こんな不安を持ってしまう人。

  • ゲーム関係の学科出身ではなく不安。
  • 自分が学んできたことが強みになるのか不安。
  • アピールできる強みがあるか不安。

 

就活で、いろんな学科出身の人と共に選考を受けるにあたり、
不安を抱える人は少なくないと思います。

しかし、どんな専攻分野であれ、必ず強みがあります。
自分がこれまで学んだこと、吸収してきたことを、胸を張って強みと捉えてほしい
と思い、この記事を書いています。

 

注意

今回は、選考での自己PRや面接の前の自己分析の際、
学んできたことの強みを探るヒントとしてこの記事を書いています。
自分の専攻分野の課題だけのポートフォリオが通過する
という話ではありません
ので、ご注意ください。
ポートフォリオの内容についての記事はまた後日投稿予定です。

 

早速、それぞれの学科や専攻分野の強みついてお話します。

 

学科・専攻分野の強み

大きく美術系の学部/デザイン系の学部と分類しています。

美術系の学部

絵画系学科(日本画、油画、版画)

表現方法(素材、技法、表現力)についてのスペシャリストが多く、
ものの質感のとらえ方や知見に長けています。

ゲーム開発の現場では、デザイナーは架空の世界の
あらゆるものを具現化させなければいけません。
どういった要素を追加したら、より魅力ある表現に繋がるか?
よりリアルにするにはこんな要素を追加し、
よりデフォルメを極めるならば、この要素を拾いこの要素を捨てる、など

デジタルの世界においての画材の取捨選択の勘どころは
普段の制作で培った知見がそのまま活かせる場になるでしょう。

立体造形系(彫刻、工芸、建築)

素材を加工し、古来の手法から現代アートまで多彩な表現を操ります。
実際に手を動かして物体の形・表現に変化を加える力が養われています。

頭で考えたビジョン(質感・造形など)を立体物に反映できる能力というのは、
モデリングなどの3Dデザイナーにおいて必要な能力であるのはもちろん、
2D表現においても、その物体がその世界に存在しているようにみせるために
どんな材質で、質感なのか?を考えながら反映させることができる力はとても重要です。

 

デザイン系の学部

平面デザイン系(グラフィックデザイン、視覚伝達デザイン)

お題に対してのアウトプットの際に「なぜこの表現にしたか」を
伝える力や、それを表現に含めることのできる能力が鍛えられる学科です。

これは仕事においても活躍する能力です。
ゲーム開発の現場には、デザイナー以外の職種の人と議論しながら仕事を進めることが多く
「デザイナーはこういう考えをもってこの表現を選んだ」
ということを伝え、その通りのビジュアルを提案するというのは日常的に使う能力です。

立体デザイン系(プロダクトデザイン、環境デザイン、テキスタイルデザイン)

こちらは平面デザイン系の内容も共通する部分があります。
学校によっては、デザインの前に企画から考え、ラフを作成し、実現する、
という企画段階に力を入れるところもあるようです。

ゲーム開発の現場のみならず、パッケージや広告販促物のデザイナーを志望し
その能力を発揮するデザイナーも多いです。

情報デザイン系

ゲーム系学科を除いては、ツール習熟に長けており、
また、インタラクティブな要素を含んだデジタルコンテンツ制作ができる人も多いです。
人はこういったアクションをし、表現としてこのようなレスポンスを返すと面白い、
という、ゲーム開発でも存分に活かせる力を伸ばせます。

ツールに強く、面白いことを実現する能力の高い人が多いため、
デザイナーの技術側のスペシャリストとして活躍する人もいます。

 

まとめ

美術系は、表現についての技術力・知見の能力を伸ばしやすく、
デザイン系は、「なぜ」この表現がベストなのかの思考力を伸ばしやすい。

そして学生生活で、自分の所属以外の選考の生徒と交流があったり、
展示を見る機会があれば、それらの力をさらに吸収する機会もあります。

表現やものづくりが好き!
という情熱を持って入学する生徒が多い美術大学や専門学校なので、
どんな分野であっても、何かしらの強みは必ずあります。
それを考え、言語化し、堂々選考に臨んでください。

それでは。

 

-ゲーム業界

© 2021 mogrumi blog Powered by AFFINGER5